世界のお菓子大辞典

プロの配合教えます。お菓子レシピ!

グラニテの作り方

Graniteです。グラニテとはシャーベットの一種で、糖度の低いシロップ、果汁、コーヒー、リキュールなどを粒状に凍らせたものを指します。名前は、花崗岩などざらざらした粒状に固まった状態を表します。 

ラニテは、フランス料理の途中で供されます。前菜と主菜の間、もしくは魚料理と肉料理の間の「お口直し」です。食事の途中なので、甘みや果汁分が少なく、ミントなどの爽やかな風味をベースにしています。また、似た氷菓にソルベがありますが、ソルベはデザートとして供されるため、グラニテよりも糖度が高いものを指しています。

ラニテの元になったものは、シチリア発祥の氷菓「グラニータ」です。シチリアでは、レモン、マンダリンオレンジ、ジャスミン、イチゴ、アーモンド、ミント、コーヒーなどでグラニータが楽しまれています。夏季には、グラニータを添えたブリオッシュが朝食とされ、横半分に切ったブリオッシュに挟んで食べられています。

 

Granite de cidre

 シードル 375ml

 シロップ 適量

 水 適量

 ミントの葉

※シードル:cidre。生のりんごの果汁を自然発酵させて作る酒。フランスのノルマンディ、ブルターニュ地方のものが有名。シードルを蒸留すると、カルバドスと呼ばれる蒸留酒になる。

 

①シードルにシロップ、水を適量加え、バットなど底の広い容器に薄く広げて、冷凍庫で凍らせる。

 

②全体が少し凍れば、フォークなどでかき混ぜ、再び冷蔵庫に入れる。

※固まりすぎた場合、常温で少し溶かしてからかき混ぜる。

 

③みぞれ状になるまで、②を繰り返す。

 

混ぜて凍らせるだけですが、暑い夏にさっぱりとしたお洒落なグラニテで、食卓を彩ってみませんか?

シャンパンやワインはもちろん、グレープフルーツやレモンなどの果汁、はたまたコンソメやトマトジュースなど、色んなものでアレンジが簡単にできますので、色々試してみてくださいね!

 

f:id:sweetiok:20190805033310j:plain

 

お帰りは、コチラから!