世界のお菓子大辞典

プロの配合教えます。お菓子レシピ!

【2020年版】ダージリンのおすすめ【初心者向け】

今回は、紅茶の中でも知名度、人気とともに1番の『ダージリン』について、まとめました。

もちろんおすすめのダージリンも載せているので、試してみてくださいね!

 

 

ダージリンとは。

f:id:sweetiok:20200318003055j:plain

・『紅茶のシャンパン』と称される。

・中国『キーモン』、スリランカ『ウバ』と並び、世界三大紅茶のひとつ。

・インド北東部ダージリン地方、平均標高2000メートルを超える高地で収穫。

・昼夜の寒暖差により発生する霧が、独特の香りと味を生み出す。

ダージリンは、チベット語の『ドルジェ・リン』(雷の地)から来ており、イギリス植民地時代にイギリス人が呼びやすい呼称にしたのが、ダージリンである。

19世紀中頃、イギリス人ロバート・フォーチュンが中国からチャノキを持ち込んだことから、ダージリンティーの栽培が始まったとされる。

 

ダージリンの特徴

f:id:sweetiok:20200319000431j:plain

・強い香りを持つため、ストレートティーが好まれる。

セカンドフラッシュでは、マスカテルフレーバーが上質とされる。

ダージリンの生産量は、全紅茶の2%ほどと希少な茶葉である。

ダージリンは、紅茶の中でも特に香りを重視され、その香りを楽しむためストレートティーが好まれる。

ダージリンは、標高2000メートルを超える寒暖差の激しい高地で生産されているため、強い香りを持つ。

ダージリンの香気成分の生成には、『ウンカ』と呼ばれる分類群に属する虫による食害が影響する。

 

ダージリンの収穫時期

f:id:sweetiok:20200318235544j:plain

・春摘みのファーストフラッシュ

・夏摘みのセカンドフラッシュ

・秋摘みのオータムフラッシュ

ダージリンには、春、夏、秋と3回収穫時期があり、それぞれ香りや味の特徴が異なる。

香気成分の生成に関わる『ウンカ』は、セカンドフラッシュが摘まれる時期に多く発生する。

 

ダージリン・ファーストフラッシュの特徴 

・3~4月に収穫される春摘み茶葉。

・軽発酵で、味はクセがなく、爽やかな香りの1番茶。 

・反面、『青臭い』や『薄い』などと言われる事もある。

ダージリン・ファーストフラッシュは、柔らかな新芽を使用しており、緑色の茶葉。

紅茶の水色は、黄金色の明るい色となり、爽やかで若々しい風味と渋みがある。

ストレートティーで、香りを楽しむのがおすすめ。

 

ダージリンセカンドフラッシュの特徴 

・6~7月に収穫される夏摘みの茶葉。

・『マスカテルフレーバー』と呼ばれる爽やかな香りが特徴。

・味、コク、香りのバランスがよい。

ダージリンセカンドフラッシュは、『ウンカ』がもっとも多く発生する時期に収穫されるため、『マスカテルフレーバー』とよばれる特徴的な香りがある。

茶葉はしっかりとした葉で、褐色をしており、紅茶の水色はうすいオレンジ色となる。

マスカテルフレーバーが際立ち、他の収穫期よりも高品質とされる。

 

ダージリン・オータムフラッシュの特徴 

・10~11月に収穫される秋摘みの茶葉。

・厚みのある葉で、比較的丸みを帯びた味が特徴。

・香りは多少落ちるため、中級品とされるが、ミルクティーに合う。

 

ダージリンの種類

f:id:sweetiok:20200319001433j:plain

・オリジンティー
ブレンドティー(他の茶葉含む)

 

オリジンティー

 ダージリンのみで製茶、加工が行われた茶葉のみで地域名で製品化された紅茶。

収穫する茶園や収穫日すらもブレンドしていない製品もあり、希少性、品質ともに最高。

その紅茶本来の味が一番楽しめるため、人気が高い。   

 

ブレンドティー(ダージリンのみ)

オリジンティーと同じく、ダージリン茶葉のみの紅茶。

収穫時期が異なる茶葉をブレンドしていたり、グレードの異なる茶葉をブレンドしていたり、製品によりブレンドのタイプは種々ある。

 

ブレンドティー(他の茶葉含む)

ダージリン茶葉と他の生産地で収穫された茶葉をブレンドした紅茶。

ダージリンブレンドとして、スーパーなどで見かける紅茶の大半がこれに当たる。

ダージリンが身近で一般的な紅茶のイメージがついているのは、この製品によるところが大きい。

 

ダージリンおすすめ2選

f:id:sweetiok:20200319001502j:plain

ダージリンおすすめ①キャッスルトン茶園 セカンドフラッシュ

ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 50g

ストレートティー・ミルクティーともにおすすめの逸品ですが、セカンドフラッシュ特有のマスカテルフレーバーを楽しむため、まずはストレートで。

渋みはやや控えめ、飲みやすい繊細な口当たりです。

香ばしさとフルーティーさの織り成す気品あふれる香りは、お菓子との相性も抜群。

極上のティータイムをお約束します。

 

ダージリンおすすめ②フォション ダージリン

FAUCHON ダージリン(缶入り) 125g

1886年にフランス・パリで生まれた高級食料品ブランドのフォションです。

紅茶は、フォションを代表する商品となっていますが、それは常に優秀なティーブレンダーが厳しくチェックしているからです。

フォションのものは、味はもちろんですが、おしゃれな缶入りなので、大切な方やお世話になった方へのプレゼントにもぴったりです。

 

その他

材料を買うなら、

【徹底比較】お菓子作りの通販サイト3選- 世界のお菓子大辞典

 

お帰りは、コチラから!