世界のお菓子大辞典

プロの配合教えます。お菓子レシピ!

クラフティ・リムザンの作り方

Clafoutis limousin、クラフティ・リムザンです。

クラフティは、フランスのリムザン地方の伝統菓子です。

濃いクレープ生地と果物を器に直接流し、オーブンで焼き上げたお菓子です。

リムーザン地方ではブラックチェリー以外の果物を用いた場合、『フロニャルド』と呼び方が変化するが、他の地域ではそこまでの区別はしていません。

器に直接生地を流すだけでなく、型に練り込みパイ生地を敷いて、中に生地を流して焼く場合もあります。

果物にはサクランボがよく用いられるが、他にスモモ、ラズベリーブラックベリークランベリー、リンゴなども使われます。

f:id:sweetiok:20200416144526j:plain

f:id:sweetiok:20200417233518j:plain

 

 

Clafoutis limousin

Appareil

 小麦粉 180g

 砂糖 300g

 塩 1.5g

 卵 6個

 溶かしバター 45g

 牛乳 600ml

 生クリーム(乳脂肪38%) 150ml

Garniture

 ブラックチェリー 約1㎏

Finition

 粉砂糖 適量 

※牛乳と生クリームは、あらかじめ合わせておく。 

※ブラックチェリーは、缶詰を用いる場合は、汁気を切っておく。

 

クラフティ・リムザンの作り方

f:id:sweetiok:20200416144624j:plain

・アパレイユを作る

焼成 / 仕上げ

 

アパレイユを作る

①卵に塩を加え、よくかき混ぜる。

 

②小麦粉と砂糖を軽く混ぜ、①に加え、よく混ぜる。

 

③溶かしバター、牛乳と生クリームを混ぜたものを順に加えて、よく混ぜる。

 

焼成 / 仕上げ

①グラタン皿にバター(分量外)を塗り、ブラックチェリーを並べる。

 

②生地を静かに流す。

※グラタン皿の縁に生地がついてしまうと、焼いたときに焦げてしまうので注意。

 

③180℃のオーブンで、30~40分焼く。

 

④焼き上がればオーブンから出し、粉砂糖をふる。

 

うまく作るポイント

f:id:sweetiok:20200416144702j:plain

ブラックチェリーはフレッシュがベスト:缶詰でももちろんいいのですが、やはりフレッシュなものを使うのがベストです。その際は、軽くバターでソテーして、使いましょう。ちなみに、伝統的な作り方では、種は抜きません。かのジョエル・ロブションも、『クラフティ・リムザンに使うチェリーは種を抜かずに使う。ジュースが出てしまうからである。』と言っているそうです。

焼き立てをアイスクリームと共に:冷めてももちろん美味しいクラフティですが、温かい内にアイスクリームを添えて食べるのも、人気の盛り付けです。

 

その他

材料を買うなら、

【徹底比較】お菓子作りの通販サイト3選- 世界のお菓子大辞典

 

お帰りは、コチラから!