世界のお菓子大辞典

プロの配合教えます。お菓子レシピ!

ブフテルンの作り方

Buchteln、ブフテルンです。

ブフテルンはオーストリアの菓子で、パン生地に沢山のジャムやクリームチーズを練り込んで焼き上げたものです。

いただく際には、バニラソースなどをかけて食べるのが、一般的です。

様々な形がありますが、どれも凹凸上に焼き上げ、小さく分けながら食べます。 

今回は、黒けしの実を使ったフィリングを包み、プレート一枚に大きく焼いたものを紹介します。

f:id:sweetiok:20200519234757j:plain

f:id:sweetiok:20200519234920j:plain

    画像出典:ウィキペディアja.wikipedia.org/wiki

 

 

Buchteln(30㎝×40cm プレート1枚台)

 Hefeteig

 小麦粉 1㎏

 砂糖 100g

 バニラシュガー 50g

 塩 10g

 レモンの皮 (擦り下ろしたもの) 1個分

 生イースト 60g

 牛乳 400ml

 卵黄 120g

 バター 200g

Mohnfulle 

 牛乳 225ml

 砂糖 75g

 はちみつ 45g

 黒けしの実 225g

 ケーキクラム 150g

 ローマジパン 37.5g

 バター 37.5g

 ラム酒 22.5ml

 シナモンパウダー 適量

 バター 適量

 塗り卵 適量

Vanillesoβe

 牛乳 500ml

 バニラのさや 1本

 卵黄 80g

 砂糖 100g

 カスタードパウダー 10g

 ラム酒 30ml

 

ブフテルンの作り方

f:id:sweetiok:20200416144624j:plain

・ヘーフェタイクを作る

・モーンフューレを作る

・バニレゾーレを作る

・仕上げ 

 

ヘーフェタイクを作る

①牛乳を人肌に温めて、バターはやわらかくしておく。

 

②粉類をボウルに入れ、軽く混ぜ合わせておく。

 

③中央を広げて泉状にし、くぼみに卵黄と牛乳を入れる。

 

④手早く混ぜ合わせ、ひと塊になるまでよく混ぜる。

 

⑤ある程度こねたところで、バターを数回に分けて加える。

 

⑥しっかりとこね、伸ばしたら薄い膜のようになれば捏ねあがり。

 

⑦温度30℃、湿度75%で、30~40分発酵させる。

 

モーンフューレを作る

①牛乳、砂糖、はちみつ、黒けしの実を鍋に入れ、火にかける。

 

②沸いたら火を止め、ケーキクラムを加えて浸しておく。

 

③ローマジパン、バター、ラム酒、卵黄を加えて、よく混ぜて、粗熱を取る。

 

④シナモンパウダー適量を加えて、混ぜる。

 

バニレゾーレを作る

www.world-sweets.com

を参照し、クレームアングレーズを作る。

※あらかじめ、卵黄に砂糖とカスタードパウダーは混ぜておく。

 

②クレームアングレーズができたら、ラム酒を加えて混ぜる。

 

仕上げ

①生地が約2倍に膨れていれば、一次発酵は終わり。

 

②生地をガス抜きし、打ち粉をした台にのせ、35gずつに切り分け、軽く丸める。

 

③かたく絞ったぬれ布巾をかけ、15分程休ませる。

 

④丸く平らに伸ばし、モーンフューレ15gを包みこむ。

 

⑤バターを塗ったプレートの上に並べ、表面に溶き卵を塗る。

 

⑥もう一度発酵を行い、再び2倍の大きさに膨れるまで待つ。

 

⑦発酵が終われば、200℃のオーブンで25分焼く。

 

⑧適当な大きさにちぎって皿に盛り、バニレゾーレを添える。

 

その他

材料を買うなら、

【徹底比較】お菓子作りの通販サイト3選- 世界のお菓子大辞典

 

お帰りは、コチラから!