世界のお菓子大辞典

プロの配合教えます。お菓子レシピ!

マカロンの作り方

Macarons mous、マカロン・ムゥです。

mouはフランス語で柔らかいを意味しています。

焼き上げた柔らかな2枚の生地にクリームやジャム、ガナッシュをはさんだ、パリ風マカロンです。

カロンは保存の効く菓子ではなく、どちらかというと生菓子に近いです。

特に高温には弱く、15℃以下の環境、もしくは冷蔵庫に保存し、早めに食べきりましょう。

f:id:sweetiok:20200720000226j:plain

ロシェ・ア・ラ・ヌワ・ド・ココ (右下) 、マカロン (左) 、ベニェ・ダナナ (上)

 

Macarons mous (直径3~4cmのもの 約25個分)

Appareil a macarons

 卵白 110g

 砂糖 25g

 粉砂糖 225g

 アーモンドパウダー 125g

 バニラエッセンス 適量

 食用色素 適量

Garniture

 クレーム・オ・ブール 適量

 フランボワーズジャム 適量

 

Appareil a macarons au chocolat

 卵白 110g

 砂糖 25g

 粉砂糖 215g

 アーモンドパウダー 125g

 ココアパウダー 15g

Gauniture

 生クリーム 100ml

 チョコレート 80g

 

カロンの作り方

f:id:sweetiok:20200627062643j:plain

メレンゲをしっかりと泡立てて、色素、エッセンスを加える。

 

②粉砂糖とアーモンドパウダーを混ぜたものを入れて、泡を潰さないようにさっくりと切り混ぜし、マカロネする。

 

③出来上がった生地を、紙を敷いた鉄板に絞る。数十分表面を乾燥させてから、オーブンに入れる。

 

④200℃で5min→160℃で10min、または180℃で15min焼き上げる。

 

 

⑤バタークリーム、ジャムやガナッシなど、お好みのものを挟んで完成。

 

うまく作るポイント

macaronner:マカロネとは、マカロンを作る操作で、アーモンドとメレンゲを合わせる際に、木じゃくしなどで混ぜてある程度気泡を潰し、適度な硬さにすることです。少し流れ落ちる程度にしましょう。

焼き上がれば、すぐに紙から外す:紙に絞って焼いていると、紙にくっついてしまいます。焼き上がり後、すぐに鉄板と紙の間に湯を流して、紙から外しましょう。

焼成温度を下げる目安:200℃から160℃に変える目安は、piedが出るくらいです。piedとは、焼く過程で丸い形からはみ出した部分のことです。これが出れば、温度を下げましょう。

 

その他

材料を買うなら、

【徹底比較】お菓子作りの通販サイト3選- 世界のお菓子大辞典

 

お帰りは、コチラから!