世界のお菓子大辞典

プロの配合教えます。お菓子レシピ!

ベニェ・ダナナの作り方

Beignets d'ananas、ベニェ・ダナナです。

ベニェとは、果物を詰めた生地を油で揚げたペイストリーの総称として用いられます。

または、パート・ダマンドを絞り出したり成形し、焼いたプティフールのことも指します。

今回は、上にパイナップルを乗せて焼いていますので、夏らしくかわいいお菓子になっています。 

f:id:sweetiok:20200720000226j:plain

ロシェ・ア・ラ・ヌワ・ド・ココ (右下) 、マカロン (左) 、ベニェ・ダナナ (上)

 

Beignets d'ananas (40個分)

Pate sucree 基本 1 / 2倍量

 小麦粉 125g

 バター 62.5g

 粉砂糖 50g

 全卵 25g

 卵黄 10g

 塩 1g

Appareil

 ローマジパン 125g

 卵白 適量

 ナパージュ 25g

 卵 1個

 コーンスターチ 15g

 バター 15g

Ananas au sirop

 パイナップルの缶詰 2枚

 砂糖 適量

Finition

 粉砂糖

 

ベニェ・ダナナの作り方

f:id:sweetiok:20200125000041j:plain

・パート・シュクレを作る

・アパレイユを作る

焼成 / 仕上げ

 

パート・シュクレを作る

www.world-sweets.comを参照し、パート・シュクレを作る。

 

②パート・シュクレを2㎜厚に伸ばし、ピケローラーでピケをする。

③型より一回り大きめの抜き型(8㎝程度)で抜く。

④余分な生地を丸めて、その生地で型に生地を端までしっかりと押し込み、30分ほど冷蔵庫で冷やす。

 

アパレイユを作る

①卵白 (ティースプーン 1杯分) 、ナパージュ、卵を混ぜておく。

 

②ローマジパンを混ぜながら、①を数回に分けて入れる。

 

③リュバン状になれば、コーンスターチを加え、さっくりと切り混ぜる。

 

④溶かしバターを加えて、混ぜる。

 

焼成 / 仕上げ

①生地を冷蔵庫から出し、もう一度しっかり型に押し込み、ナイフの背側ではみ出た生地を落とす。


②アパレイユを、絞り袋で絞って入れる。

 

③軽く叩いて空気を抜き、上に適当な大きさにカットしたパイナップルを乗せる。

 

④200℃のオーブンでこんがりとした焼き色がつくまで焼く。
※側面、底面、全体が同じように色づいていれば、焼き上がりの目安。
※側面や底面の色が薄ければ、表面の焼き色がつきすぎないように、紙やアルミホイルをのせて、さらに焼く。
※底面の色が濃く、表面が薄ければ、オーブンプレートを1枚重ねて焼く。

 

④焼き上がれば、粗熱を取って、粉糖をかける。

 

うまく作るポイント 

f:id:sweetiok:20200627064858j:plain

パイナップルの缶詰:パイナップルの缶詰は、缶詰シロップに2割量の砂糖を加え、パイナップルを炊きなおしておきましょう。このひと手間を加えることで、缶詰もぐっと味が本格的になります。

 

その他

材料を買うなら、

【徹底比較】お菓子作りの通販サイト3選 - 世界のお菓子大辞典

 

お帰りは、コチラから!